紫外線療法

紫外線療法とは

当院は皮膚の疾患に対して効果を発揮する「紫外線療法」を導入しています。波長が長いUVAや、中波長のUVBを治療対象部位に照射することで、好ましくない細胞の増殖や免疫反応を抑制します。アトピー性皮膚炎や痒疹、皮膚悪性リンパ腫や尋常性白斑、尋常性乾癬や円形脱毛症などさまざまな疾患に有効です。

紫外線療法のメリット

  • 早期に皮膚の炎症やかゆみの軽減が期待できる
  • 炎症が改善することで、塗り薬の量を減らすことができる
  • 内服や外用薬と併用することで、より効果が期待できる

当院での紫外線療法

ナローバンドUVB

紫外線は可視光線に引き続いて波長の長い方から順にUVA(長波長紫外線),UVB(中波長紫外線),UVC(短波長紫外線)と分類されます。
NB-UVB(ナローバンドUVB)療法とは、太陽光に含まれるUVA、UVB、UVCの各波長の紫外線のうち、副作用が少なく皮膚治療に有効性が確認された、中波紫外線(UVB)の領域に含まれる非常に幅の狭い波長域(311±2nm)の紫外線(NB-UVB)だけを取り出して照射することで、難治の皮膚疾患の治療に効果を上げています。
当院のナローバンドUVBは、表裏2方向でほぼ全身をカバーすることができます。出力も強いため、従来よりも短時間の照射で 同じ効果が得られます。

料金表

  • 1回あたり3割負担の場合 1,000円程度
  • 1ヶ月あたり(週1回)3割負担の場合
     4,000円~5,000円程度

エキシマライト

ある種の皮膚科の病気では、紫外線の中でも中波長といわれる限られた波長を当てることで、従来の治療では改善しにくかったものが改善するようになりました。
その中でも特に、エキシマライトといわれる、308ナノメートルの波長の光を当てることで、大きな効果が得られることがわかっています。
このたび当院では、この光線を照射する装置を導入いたしました。アトピー性皮膚炎など、皮膚炎症状を緩和することも知られており、特に、「ゴリッ」と盛り上がるような発疹によく効きます。
片手で持てるハンディさが利点で、1回の照射は数秒から数十秒程度と非常に短いのが特徴です。
費用は3割のご負担で1,000円程度、従来の紫外線療法と同様です。

料金表

  • 1回あたり3割負担の場合 1,000円程度
  • 1ヶ月あたり(週1回)3割負担の場合
     4,000円~5,000円程度

WEB・お電話での受付

・当日順番受付については、お電話もしくは
WEBにてお願いいたします。
・時間帯予約は、WEBにてお願いいたします。

休診日水曜、土曜午後、日曜、祝日

PAGE TOP